09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

C A M I N O R U T A

暮らしの器 小鹿田焼 を メイン と した
ネットショップ を 開店 するまで の 道程
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | 2009.10.08 | | - | - |
小鹿田焼の由来
小鹿田焼はその昔 宝永二年(1705年)
日田市(大鶴村)の黒木十兵衛が
筑前 小石原村の陶工・柳瀬三右衛門氏を招き
李朝系の登り窯を築造し開窯されました
以来 独特の陶美を持つ伝統の製法が
十軒の窯元の人々によって今日まで受け継がれています
昭和29年 39年 世界的にも著名な陶芸家である
バーナード・リーチ氏も 小鹿田に滞在、作陶された経緯があります
小鹿田焼は 平成7年に 国の重要無形文化財保持団体の指定を受け
今も集落の谷川でのんびりと陶土をつき続ける 唐臼のように
永い歴史と伝統を守りながら
10軒の窯元がじっくりと手仕事に取り組んでいます
                                木
| 小鹿田 | 2007.09.19 | 10:09 | comments(0) | - |
家族仕事
caminoruta

小鹿田は 一軒一軒の お家が 展示場
お祭り以外の日は 商売する 気がないの??
そう思うほどに 声を掛けづらい 
家族全員 それぞれが バタバタと 仕事をしているから
 
自然や 諸々の恩恵を被って 仕事をしていること
ひとりだけで 作り上げた 作品ではないことを
ちゃんと 陶工は わかっているから
小鹿田焼は 作家モノのような 売り方をしていないのです
| 小鹿田 | 2007.07.29 | 08:00 | comments(2) | - |
自然の恵み
日干し

晴れた 日 庭先 には 成形された 器 が 嬉しそう に 並びます
ずーっと 晴れたら いいな って 思ったりしてしまいます が
雨 の 日 が 少ない と 川 の 水量 が 減り 唐臼 が 動かなってしまう
自然 の 恵み すべて が 大切 な こと


| 小鹿田 | 2007.07.23 | 23:00 | comments(0) | - |
用の美
用の美

轆轤を廻す 部屋に飾っていた額 「 用の美 」
小鹿田の器は 使われている時が一番美しい
作り手もそのことを意識していながら作っているに違いない
| 小鹿田 | 2007.07.21 | 08:00 | comments(0) | - |
登り窯
登り窯

小鹿田焼は 創窯以来 薪を使った 登り窯での 焼成を 続けています
時代に合わせ 何もかも 便利に 姿を変えていくなか
変わらないことの 美しさが 小鹿田には たくさん 残っています
| 小鹿田 | 2007.07.19 | 08:00 | comments(0) | - |
小鹿田焼技術保存会
どくだみ

小鹿田焼 は 平成7年 国の重要無形文化財 に 指定 されています
観光地化 が 進み 全国的 に 皿山 を 知ってもられるのは とても 嬉しい こと だけど
自然 を 守ること が 小鹿田焼 を 守ること
訪れる わたしたち が 環境 を 変えていくことのないよう 注意 しなければいけません
| 小鹿田 | 2007.07.17 | 08:00 | comments(2) | - |
唐臼の仕事
唐臼

唐臼 は のどかな 音色 の ため では なく 大きな 働き手 です
採集 してきた 土 を 乾燥 させ 唐臼 で 打たせ 粉末 に したもの が 
ひとつ ひとつ の 工程 を 経て やっと 陶土 へと 生まれ 変わる
毎日 ギィー ‥ ゴトン ‥ 休むことなく 働いてる 唐臼 が
10軒 ある 窯元 の 家族 仕事 との バランス を うまくとっています
| 小鹿田 | 2007.07.14 | 08:00 | comments(0) | - |
唐臼
唐臼

ギィー ‥ ゴトン ‥  ギィー ‥ ゴトン ‥
小鹿田 では 昼夜 休むことなく 鳴り響いている 唐臼 の 音
残したい 日本の音風景 100 に 選ばれました → 
| 小鹿田 | 2007.07.06 | 08:00 | comments(0) | - |
一子相伝
一子相伝

子が親に習って 技を覚え 腕を研いて 跡を継ぐのが 代々のしきたり
自然と共にある 小鹿田を守るための 大切な伝統

| 小鹿田 | 2007.07.04 | 08:00 | comments(0) | - |
小鹿田
小鹿田

「 小鹿田 」 と 書いて 「 おんた 」 と 読む この 集落
窯元 10軒 で 伝統 を 守り 続けている やきもの の 里 です
| 小鹿田 | 2007.07.02 | 10:00 | comments(0) | - |
PROFILE
MY SHOP
MY BLOG
CAMINORUTA BLOG 2007            きゅうの日記
CATEGORIES
SEARCH 
BOOK
FIJI'S SELECT
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
SOZAI
    Fine
MOBILE 
qrcode
OTHERS  
みんなのブログポータル JUGEM
| 1/2PAGES | >>