05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

C A M I N O R U T A

暮らしの器 小鹿田焼 を メイン と した
ネットショップ を 開店 するまで の 道程
<< 小鹿田の本を読む | main | 美しいカタチ 5 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | 2009.10.08 | | - | - |
わたしと小鹿田
小さな頃 家族旅行に 行った 記憶は ほとんどなく
春休み ・ 夏休み ・ 冬休み など 長い 休みに なると
父の里である 小鹿田へ すぐに 連れていかれ 
休みが 終わる頃まで ずっと置き去りにされるという
わたしと 弟にとって リゾート地のような 存在 (笑)

アルバム を 見ると 離乳食 を 食べている 器 も 小鹿田焼 だったし
ママゴト道具 まで 小鹿田焼 だった 少女時代
家にある 器が あたりまえのように 小鹿田焼だったために
洋食器に 憧れていた 母親が 食卓に出す オマケの 白い器に 違和感
「 なんで? 小鹿田 焼 使わんとー? 」 文句 を 言うよう に なってきます

結婚してから さらに わたし の 器 熱 は ヒートアップ
いろいろな 器や 窯元と 出会うようになり 器が どんどん好きになっていくなかで
あたりまえに そばにいてくれた 小鹿田の存在が 大きくなっていったのです

他とは違う 小鹿田焼 を もっともっと 知りたくなり
他とは違う すごさに やっとこさ 気がつきはじめたのです

わたしにとって 小鹿田とは 
大好きな おばあちゃん が 住み 大好きな 父 が 生まれ育った 愛すべき 故郷
だけど もし そうじゃなくても
きっと どうにかして みつけだして 好きになっていた と 思える 場所です

                                      caminoruta

| MEMO | 2007.07.12 | 08:00 | comments(4) | - |
スポンサーサイト
| - | 2009.10.08 | | - | - |
comments
小学校の時、きゅうさん宅にあった和の食器
なんかうらやましいなぁと思ったのをふと思い出したよ。
私が小鹿田焼の大ファンになったのは
おばあちゃん宅に泊まり(飲みに?)に行かせてもらってから。
私も小鹿田に出会えてよかったよ〜♪
きゅうさんの夢が叶うのを大応援しとるよ。
無理せずきゅうさんのペースで頑張ってね☆☆☆
| ひまわり | 2007/07/12 9:28 AM |

>ひまわりちゃん
小学校の頃はかわいい器に憧れとったこともあったんバイ
ママゴトくらいかわいいの欲し〜いって(笑)
小鹿田 よく行ったねー
友達のおばあちゃんとあんなに仲良しって
あんまり聞かんよねー
いまや‥もうひとりの孫みたいやもん
小鹿田は もう ひまわりちゃんの里でもあるよね
大応援 ありがとう
ひまわりちゃんが話聞いてくれるだけで
勇気も元気も100倍やけん
これからもよろしくね♪♪
| きゅう | 2007/07/12 11:16 PM |

きゅうさん、少しづつ進んでいるみたいね。
自分を見つめ直す機会にもなってるかも。
自然な流れ・・・は無理がないと思います。

たくさんの人や物や事に触れて、
きゅうさんの引き出しを積み重ねてね!
私達にはまだまだ見知らぬ世界が
たくさんあるんやもんね。
| まっち | 2007/07/13 6:50 AM |

>まっちさん
少しずつゆっくりですが 歩いていますよ
今までの暮らしの中で
小鹿田にどれだけ幸せを与えてくれたか考えると
感謝する気持ちでいっぱいです
これから経験することはすべて意味があること
そう思って楽しんでいこうって思ってます
まっちさんのお話もっともっと聞きたいなー
| きゅう | 2007/07/13 8:49 AM |

comment









PROFILE
MY SHOP
MY BLOG
CAMINORUTA BLOG 2007            きゅうの日記
CATEGORIES
SEARCH 
BOOK
FIJI'S SELECT
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
SOZAI
    Fine
MOBILE 
qrcode
OTHERS  
みんなのブログポータル JUGEM