08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

C A M I N O R U T A

暮らしの器 小鹿田焼 を メイン と した
ネットショップ を 開店 するまで の 道程
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | 2009.10.08 | | - | - |
登り窯
登り窯

小鹿田焼は 創窯以来 薪を使った 登り窯での 焼成を 続けています
時代に合わせ 何もかも 便利に 姿を変えていくなか
変わらないことの 美しさが 小鹿田には たくさん 残っています
| 小鹿田 | 2007.07.19 | 08:00 | comments(0) | - |
美しいカタチ 7
7寸皿

小鹿田焼 7寸皿
| 美しいカタチ | 2007.07.18 | 08:00 | comments(0) | - |
小鹿田焼技術保存会
どくだみ

小鹿田焼 は 平成7年 国の重要無形文化財 に 指定 されています
観光地化 が 進み 全国的 に 皿山 を 知ってもられるのは とても 嬉しい こと だけど
自然 を 守ること が 小鹿田焼 を 守ること
訪れる わたしたち が 環境 を 変えていくことのないよう 注意 しなければいけません
| 小鹿田 | 2007.07.17 | 08:00 | comments(2) | - |
お店づくり 開始
ネットショップの店名 迷ったけれど
『 CAMINORUTA 』 ( 読み方・カミノルタ ) に 決めた ので
ドメイン 登録 しておきました
                     CAMINORUTA

これから お店 づくり!!
ブログは 2年程 更新していますが
パソコンに 詳しくない 私にとっては いちばんの 難関かなー
みなさまの 印象が 少しでも よくなるように
自分が 納得 できるように 努力 していこうと 思っています



| ネットショップ 準備 | 2007.07.16 | 21:00 | comments(0) | - |
美しいカタチ 6
ぐい呑み

小鹿田焼 ぐい呑み
| 美しいカタチ | 2007.07.15 | 08:00 | comments(0) | - |
唐臼の仕事
唐臼

唐臼 は のどかな 音色 の ため では なく 大きな 働き手 です
採集 してきた 土 を 乾燥 させ 唐臼 で 打たせ 粉末 に したもの が 
ひとつ ひとつ の 工程 を 経て やっと 陶土 へと 生まれ 変わる
毎日 ギィー ‥ ゴトン ‥ 休むことなく 働いてる 唐臼 が
10軒 ある 窯元 の 家族 仕事 との バランス を うまくとっています
| 小鹿田 | 2007.07.14 | 08:00 | comments(0) | - |
美しいカタチ 5
ピッチャー

小鹿田焼 ピッチャー 
| 美しいカタチ | 2007.07.13 | 08:00 | comments(4) | - |
わたしと小鹿田
小さな頃 家族旅行に 行った 記憶は ほとんどなく
春休み ・ 夏休み ・ 冬休み など 長い 休みに なると
父の里である 小鹿田へ すぐに 連れていかれ 
休みが 終わる頃まで ずっと置き去りにされるという
わたしと 弟にとって リゾート地のような 存在 (笑)

アルバム を 見ると 離乳食 を 食べている 器 も 小鹿田焼 だったし
ママゴト道具 まで 小鹿田焼 だった 少女時代
家にある 器が あたりまえのように 小鹿田焼だったために
洋食器に 憧れていた 母親が 食卓に出す オマケの 白い器に 違和感
「 なんで? 小鹿田 焼 使わんとー? 」 文句 を 言うよう に なってきます

結婚してから さらに わたし の 器 熱 は ヒートアップ
いろいろな 器や 窯元と 出会うようになり 器が どんどん好きになっていくなかで
あたりまえに そばにいてくれた 小鹿田の存在が 大きくなっていったのです

他とは違う 小鹿田焼 を もっともっと 知りたくなり
他とは違う すごさに やっとこさ 気がつきはじめたのです

わたしにとって 小鹿田とは 
大好きな おばあちゃん が 住み 大好きな 父 が 生まれ育った 愛すべき 故郷
だけど もし そうじゃなくても
きっと どうにかして みつけだして 好きになっていた と 思える 場所です

                                      caminoruta

| MEMO | 2007.07.12 | 08:00 | comments(4) | - |
小鹿田の本を読む
本

ネットショップ 開店 を 目標 に してから 愛読書 と なった 本
『 小鹿田焼  - すこやかな 民陶 の 美 - 』

小鹿田本

この 他 にも わたし の 大叔父さん で 小鹿田焼 陶工 の 坂本 茂木 著
『 唐臼 の 谷辺 』 『 屁糞蔓 』

バタバタ した 日々 の 中 で 時間 を 見つけて 眺める のが 楽しみ です

| ネットショップ 準備 | 2007.07.11 | 08:00 | comments(2) | - |
美しいカタチ 4
珈琲碗

小鹿田焼 コーヒー碗 
| 美しいカタチ | 2007.07.10 | 08:00 | comments(0) | - |
PROFILE
MY SHOP
MY BLOG
CAMINORUTA BLOG 2007            きゅうの日記
CATEGORIES
SEARCH 
BOOK
FIJI'S SELECT
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
SOZAI
    Fine
MOBILE 
qrcode
OTHERS  
みんなのブログポータル JUGEM
<< | 3/4PAGES | >>